しろいるか.JPG月並みな言い方をすれば「ソウルメイト」、Tさんは、私にとってそんな大切な友人です。
そう、前に書いたデジャーデンゆかりさんを引き合わせてくれた友人。
Tさんの息子さんのKくんと、うちの息子が保育園で0歳児の時から一緒だったというご縁です。
最初にお会いした時から、なんとなくお互い惹かれあうものがあり、話をすると、共通点がたくさんあることがわかりました。
年齢が1歳違い、二人とも子供のころを海外で過ごし、同じ高校(少し特殊な高校)の出身。
自然育児友の会、ホメオパシー、イトオテルミー、パーマカルチャー、マクロビオティック、シュタイナー・・・出てくる、出てくる、共通語・・・という感じ。
さらには、私が高校の頃にResearch Paperとして研究したテーマと、彼女が大学の卒業論文として研究したテーマまでもが同じだったということもわかり、二人でびっくりしたこともあります。もちろん、お互いの価値観にも、響き合うものがあると感じています。
そんなかけがえのない友人であるTさんですが、私たち家族にとってはとても寂しいことに、4年前に、ご家族でオーストラリアに移住してしまいました。
今回、親戚の結婚式で2週間だけ一時帰国している、とのことで息子と一緒に会いに行ってきました。
この4月に誕生した第二子のSちゃんとも初対面!
八景島シーパラダイスの水族館で、子供たちはじゃれあい、私たちは、前回会った1月からの出来事、感じていることを凝縮して伝えあいました。
この5日間の連休、大好きなたくさんの方たちと会えた、濃密な日々でした。本当によい友人、仲間に恵まれ、幸せだなぁ、といつも思っています。