さかのぼれば、自然療法との出会いは、随分古いことになるのかもしれません。
子どもの頃から、風邪を引いたくらいでは、お医者さんには行っていなかったような気がします。寝て治すか、行ったとしてもできるだけ薬の少ない町のお医者さん。
お腹が痛いと「梅肉エキスを飲んでおきなさい」と言われ、すり下ろしたリンゴを食べていました。
毎日母の作ったご飯を食べて、早寝をして、元気に過ごしていました。薬を使わず、元気になる、という素地はこの頃培われたのだと思います。
少し大きくなってからは、スポーツをしていたから、怪我は常にしている感じでしたし、大人になってからは、胃を悪くしたり、頭痛持ちになったり、冷えがひどかったり、結構辛い時期が続いたこともありました。
お医者さんを「はしご」したり、胃の薬を飲んだり、頭痛外来に通ったり、また、なかなか子どもが授からず、そのために病院通いしていた時期もありました。でも、結局慢性症状に対して薬を飲み続けたり、ホルモン治療をしていると、副作用など、別のところに症状がでてきたり、だんだん薬が効かなくなってきたりすることを、うすうすと感じ始めました。
「そんなとき出会ったのが・・・!」と書きたいところなのですが、一生懸命考えても、いったい何がきっかけだったのかよく思い出せません。
でも、
鍼灸治療を受ける中で、それまで途切れることのなかった頭痛が軽減してきたり
漢方薬で少しずつ体力が向上していくのを感じたり
鍼灸による不妊治療のことを書いたウェブサイト「寺子屋お産塾」に出会ったり
そうした中で、病気を診るのではなく、人を診る、という東洋医学(中医学)の考え方に納得がいき、惹かれて行くようになりました。
<つづく>